スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
探偵会社の選び方

はじめまして 皆さんの悩みが一刻でも早く解決できればと思います当サイトにリンクフリーです。

 English Here

 調査会社の選び方

探偵社選びの際は料金以外に、信用度、調査力,人柄が重要な要素となってきます。しかし、この判断は難しいものがあります。探偵社の信用度は電話や面会での対応でも判断する事ができます。調査・探偵社を選ぶに当たって、最低限注意したほうがいいポイントをまとめてみました。全国には多数の探偵社、興信所が存在します。その中から安心して依頼できる業者を選ぶにはどうすれば良いのか?

1 依頼人の気持ちや立場を理解してくれる探偵会社に相談しましょう

2 個人情報の守秘義務は徹底して探偵会社を選びましょう。

3 全国のネットワークを持っていると誇大広告は用心です、地域に密着した優秀な探偵会社は、必ずあります

4  お見積もりのときに、相談員がしっかりと調査内容と料金説明をし、ご本人が納得された上で依頼を受ける探偵会社を選びましょう。追加調査に関しましてもご本人の要望が無い限り、取り掛かる事がないようきちんと事前に打ち合わせしましょう。               

国内ランキング探偵社/弁護士の選び方
スポンサーサイト
[2007/05/31 10:04] | 興信所・探偵社とは | コメント(0) | page top
弁護士を選ぶポイント

弁護士の取り扱う業務は多岐(刑事事件・民事事件・不動産問題・近隣問題・相続問題・金融・自己破産問題他)に渡り、いくら能力の高い弁護士でも、得意であり優秀にこなすということは、不可能です。あなたが相談・依頼したい分野と、弁護士の取り扱う得意分野があっているのか、彼らの実績、また、その法律事務所の方針を参考にすることは大切なことです。 リスクを詳細に説明してくれる弁護士。 1.専門性  弁護士はどんな法律紛争も扱うことができます。だから,世間一般の方は,「弁護士は法律なら何でも知っている。」と思うかもしれませんが,実はそうではありません。弁護士は司法試験に合格して弁護士になりますが,司法試験の科目は、憲法・民法・商法・刑法・刑事訴訟法・民事訴訟法の6法だけです。 民法や商法だけで処理する事件であれば,どの弁護士も一通り勉強していますので,法律を知らなくて事件処理を誤るということは考えがたいですが,例えば特袖法や著作権法のような弁護士になるために勉強しなくてもよい法律による処理が必要な事件は,その分野に詳しくない弁護士に頼むと,不適切な事件処理をすることがあります。実際,私が扱っている特許権や著作権の事件では,相手の弁護士から,基本的な条文・裁判例を知らずに書いたと思われる全く見当違いの書面をもらったことがあります。ですから、あなたの事件が、民法や商法だけで解決できないような事件であれば、その分野に詳しい弁護士を選ぶことが必要です あなたがどうして悩んでいるのか、今後どうしたいのかをきちんと理解してくれる弁護士を選択することが大切です。理解できない専門用語を並べたり、貴方に都合の良いことだけ話されても、デメリット(リスク、費用)の説明等がほとんどない弁護士はかなり注意が必要です。100%リスクの無い紛争はありません。とくにリスクを詳しく説明してくれる弁護士の方がより良いことでしょう。

国内ランキング探偵社/弁護士の選び方
[2007/05/31 08:30] | 弁護士事務所とは | page top
弁護士事務所
弁護士に相談したいとき

1.法律事務所に電話で予約 法律的にわからないことがあって、弁護士に相談したい、そのようなときは、弁護士の事務所に電話して、相談の予約を入れてください。そして予約した日時に事務所に行ってください。予約無しで事務所に行っても、弁護士が不在だったり、来客中だったりすると、その日に相談を受けることができない場合があります。

2.知り合いの弁護士がいない場合 知り合いの弁護士がいない場合は、誰か信頼のおける人に弁護士を紹介してもらう方法があります。弁護士を紹介してくれる人が自分のまわりにいない場合には、弁護士会の法律相談センターで相談を受けてください。

 3.事前にメモを作る 相談者は、どうしても自分では解決できない悩みを抱えて弁護士の所に相談に行くわけですから、話したいことは山ほどあると思います。しかし、それを感情のおもむくままに話すと、話の内容を相手にうまく伝えることができません。事前に内容を整理してメモを作っておくことをお勧めします。

4.関係書類を全部持参する 弁護士に相談に行く際は、関係書類を全部持参する必要があります。相談を受けた弁護士は、相談者が持参した資料を見ながら相談者の話を聞いて、紛争解決の見通しを判断します。自分では重要でないと思っても、関係する書類はとりあえず全て持参した方がよいでしょう。 弁護士の費用    弁護士に頼んだら、いったいいくらかかるのだろう…? 2004年4月1日から弁護士会の「報酬基準」が廃止され、弁護士はそれぞれ自由に料金を定められるようになりました。でも、まったくわからないのでは不安になります。  弁護士の仕事は実にさまざまです。相手の出方によっても、事件の複雑さによっても、必要な時間はいろいろです。弁護士に依頼するときには、事情をよく説明して、ご相談ください。

1.弁護士報酬 弁護士報酬のおもなものを説明します。ほかに、書面による鑑定料、タイムチャージ、日当、顧問料などがあります。

●相 談 料 弁護士により違いますので、ご相談のお申し込みの際にご確認ください。

 ●着手金・報酬金 「着手金」は、結果に成功・不成功があるときに、結果にかかわらず弁護士が手続を進めるために着手時に支払う、いわばファイトマネーです。なお、報酬金とは別で、手付ではありません。  「報酬金」は、結果の成功の程度に応じて支払う成功報酬のことをいいます。したがって、完全に敗訴となれば、報酬金は発生しません。

 ●手 数 料 「手数料」は、契約書作成、遺言書作成、遺言執行など、1回程度の手続で完了するときのものです。

2.実  費 たとえば、収入印紙代、交通費、通信費、コピー代、保証金や供託金などです。弁護士への依頼内容によって必要となります。  意外に大きな支出になるときがあります。たとえば、交通費は、弁護士の遠隔地への出張がともなうとき、どの交通手段によるのか、どの等級(たとえば、グリーンか普通かなど)によるのかなども、依頼するときに弁護士に確認しておく必要があります。また、交通費のほかに日当が別に必要なときもあります。

3.委任契約書 実際に弁護士に依頼するときには、委任契約書が作成されます。委任契約書の内容をよく確認し、疑問点があれば、遠慮なく弁護士にたずねるべきです。

国内ランキング探偵社/弁護士の選び方
[2007/05/31 08:19] | 弁護士事務所とは | page top
弁護士依頼の際の注意点
 弁護士に依頼する際、最も大切なのは全てを包み隠さず話すことです。嘘などもっての他です。相手に対しては伏せておいたほうがいいことでも、自分が依頼した弁護士 には話しておかなければいけません。

 弁護士は、依頼人にとって不利なことは決してしません。 弁護士は裁判の席上で初めてそれを聞いたでは済まされません。そのせいで裁判の形勢が不利になってしまうこともあるでしょう。

 弁護士は、依頼人の秘密は外部に漏らしてはいけないという義務を負っています。ですから、安心して全てを話して、依頼人にとって最善の結果が出るようにしたいものです。

国内ランキング探偵社/弁護士の選び方
[2007/05/31 07:07] | 弁護士事務所とは | page top
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。