スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
盗聴の現状
現在、一般的に盗聴器と呼ばれるものは年間30万個以上販売されているといいます、つまり1日に1000個以上の数の盗聴器がこの世に出回り仕掛けられていることになります。なぜ今日このような事情になったかというと

1 盗聴器自体の価格が安くなったこと。

2 機器が小型化、高性能になり、偽装がほどこしやすくなり仕掛けやすくなったこと。

3 インターネットで購入が出来るなど購入の手段が増えたために一般の人が購入しやすくなった為。

4 操作自体が簡単な為に一般の人でも特に知識がなくても扱える為。

などの理由によるものだと思われます。 このような状況の中「盗聴」という言葉は日常的になっています、一昔前は探偵社や興信所のプロの人が主に情報収集の為に扱っていましたが、今日では上記の原因などにより一般の人でも簡単に盗聴器を入手、設置できるようになりました。そして最近では大きな社会問題となりつつある「盗撮」も増えてきています。人間の心理としてもただの音声よりも映像を見るほうが心理的に満たされるはずですし当たり前といえば当たり前の流れではあるわけです。  以前ですと盗聴器・盗撮器は数万円~でしか購入できませんでしたが今では1万円あれば購入できてしまいます、そういったものでも十分に盗聴、盗撮は可能です。 またこういった低価格化の為以前ならば仕掛けたものは必回収をするのが当たり前だったのが今では「付け捨て」という行為も行われるきっかけとなっています。 「付け捨て」とは言葉通り盗聴器などを仕掛けて回収せずそのまま放置していく事です、これがまだ電池式ならば電池が切れた時点で盗聴電波を発信するのを停止しますが、AC100V式などコンセントから直接電源を取る盗聴器ですと電気の供給が止まるか、機器自体が破損するまで半永久的に盗聴電波を発信しつづけます。そしてこの「付け捨て」という行為が盗聴のさらなる被害を発生させているのです。  現在国内には200万人の受信マニア・盗聴マニアという人達がいます、この盗聴マニアは特定の対象者を盗聴するのではなく、盗聴器を無差別に設置してそこから発信される会話などを聞くことを趣味としている人達のことですが、この人達は町に漂っている電波を常に探しています。想像してみてください、仮にあなたが賃貸マンションに新たに入居したとします、どうやら前の住人が盗聴されていたらしく部屋のコンセント部分に盗聴器が設置されています、盗聴者は対象者が引っ越ししたのを知っていますが危険をおかしてまで盗聴器を回収する必要はないと考えました、あなたはそんなことは知らずに普通に盗聴されながら生活をしています、それを盗聴マニアの人がニコニコしながらマンションの近くで聞いているのです。あまり想像していて楽しくない光景です。しかしながら現実にはこういったことが起こっているわけです。「私は絶対に大丈夫、盗聴されているわけなんかない」といった安易な考えはあまり持たない方がよいです。 さきほども年間30万個の盗聴器が世に出回っているといいましたがこれは1日に1000個、2分に1個以上のペースで購入されていることになります、しかもこれは年々増えています、これでも「私は絶対に大丈夫」と考えるのはちょっと危機管理が甘いような気もします。 もっともこの30万個がいつまでもそのまま続けて使われることはありえません、家庭用電源から電源を取るタイプならば話は別ですが電池を電源とするタイプならば電池がなくなった時点でその短い生命を終えます、さらには発見されたり単純に壊れたりするものもあるはずです、ただし現在発見されている盗聴器の数は年間5パーセント~7パーセント位といわれています。こういったことをふまえて考えると世の中からなくなるものより増加している数の方が上回っていることと思います。  さらに最近では技術の驚くべき進歩により想像を絶するような盗聴器なども開発されて実際世の中に出回っています、例えば音を感知してから盗聴電波を発信し始めるVOX方式や1秒間に数十回も周波数を変えてしまい探知させないスクランブル方式、受信機にあるリモコンスイッチにより発信機を作動させることのできるリモコン方式、スクランブル方式とリモコン式をあわせたタイプの盗聴器、携帯電話やPHSなどのデジタル波を利用したデジタル方式などがあります。 特にデジタル方式はアナログ方式のものと異なり全国どこにいても電波さえあれば盗聴できてしまい発見もデジタル波である以上困難なものです。  こういった今日の盗聴器事情に対して盗聴を発見する側の技術も伸びてはいますが常に新しいタイプの盗聴器が開発された後それに対しての機器を作るわけですから後手に回らざるをえないです。あらかじめ仕掛ける側の開発するものを予測してそれに対する機器を開発するのは困難ですし、できたとしても仕掛ける側はそれをかわして新たな機器を開発するはずです。  ただし前記した高性能な機器はいくら低価格化したといっても現在でもある程度高価なものになりますので盗聴器全体の数からいえば少ないものと推測できますし、こういった高価なものを使用する相手は特定の対象者であったり対立している企業であったりすると思われますのでそういったものに心当たりや心配がなければ現在は特に気にする必要はないかもしれません。  もっとも一般的なアナログ波であろうとデジタル波であろうと電波である以上防ぐ、つまり盗聴されることを妨害することは手軽に実行することが可能です。携帯電話の電波をシャットアウトする機器はかなり安価で入手することができます。ただしこういった機器は全ての電波をシャットアウトしてしまうのでいざ自分で使用しようと思っている携帯の電話の電波もシャットアウトしてしまうので注意が必要です。

[2006/12/30 00:00] | 盗聴器調査とは | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。